神戸山手学園 友松会

神戸山手学園 友松会 会則

第1章  総 則
第1条 本会は、神戸山手学園友松会と称し、事務所を神戸市中央区山本通5-9-15学校法人神戸山手学園友松会館内に置く。
第2条 本会は、会員相互の親睦と智徳の向上を図り、神戸山手学園諸団体とも提携し、母校の発展に寄与することを目的とする。
第2章  事 業
第3条 本会は、第2条の目的達成の為に、次の事業を行う。
  1. 母校の後援。
  2. 本会並びに友松会館の運営。
  3. 会報「友松」発刊及び会員名簿の管理。
  4. その他、本会の目的を達成するために必要な事業。
第3章  会 員
第4条 本会の会員は、次に掲げる者とする。
  1. 正会員
    ア.神戸山手大学、神戸山手女子短期大学及び同専攻科、神戸山手女子高等学校、神戸山手女子中学校の卒業生。
    イ.旧山手学習院、旧神戸山手高等女学校、同専攻科、同高等科及び旧神戸山手女子専門学校の卒業生。
    ウ.前号のア及びイに掲げる各学校のいずれかに在籍した者。但し、第10条第3号に掲げる委員会の承認を要する。
  2. 準会員   学校法人神戸山手学園に在籍する者。(学生、生徒)
  3. 特別会員 学校法人神戸山手学園の現役員及び現教職員。
  4. 客員会員 学校法人神戸山手学園に、10年以上在籍した旧教職員で、同学園の推薦をうけた者。
第5条 会員は、住所・氏名を変更した場合、及び死亡した場合は、本人又は代理人が、本会事務所に届け出るものとする。
第4章  役 員
第6条 本会に、次の役員を置く。
  1. 会長 1名
  2. 副会長 2名
  3. 委員 15名以上30名以内
  4. 幹事 各回生毎に12名以内
  5. 学内幹事 正会員の現教員全員
  6. 会計監査 2名
  7. 顧問 4名
  8. 相談役 若干名
第7条 役員の任務は、次のとおりとする。
  1. 会長は、本会を代表し、本会則に規定する職務を行い、本会の事業を統括する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある場合、会長の職務を代理又は代行する。
  3. 委員は、会務を分掌するとともに、本会の事業を執り行う。
  4. 幹事は、本会の事業への協力をするとともに、同期生会員と本会との連絡に当たる。
  5. 会計監査は、本会の会計を監査し、総会、臨時総会、委員会に出席し、会計監査上の意見を述べることができる。
  6. 顧問及び相談役は、会長の要請に応じ、会の運営に関し助言をする。
第8条 役員の選出方法は、次のとおりとする。
  1. 会長及び副会長は、委員の互選による。
  2. 委員は、幹事の互選による。
  3. 幹事は、大学、短期大学(同専攻科含む)高等学校の各回生毎に、互選する。
  4. 学内幹事は、正会員の現教員に、会長が委嘱する。
  5. 会計監査は、委員会が正会員の中より選出し、会長が委嘱する。
  6. 顧問は、学校法人神戸山手学園理事長、学長、校長とし会長が委嘱する。
  7. 相談役は、旧会長、旧副会長とし、委員会の承認を得て会長が委嘱する。
第9条 役員の任期は、次のとおりとする。
  1. 会長及び副会長   3年とし、1期に限り再任できる。但し、特別の事由が生じた場合はこの限りではない。
  2. 委員及び幹事    3年とし、再任できる。
  3. 学内幹事       任期は定めない。
  4. 会計監査       3年とし、再任はできない。
  5. 顧問          任期は定めない。
  6. 相談役         任期は定めない。
第5章  会 議
第10条 本会に、次の会議を設定する。
  1. 総会
  2. 臨時総会
  3. 委員会
  4. 幹事会
第11条 総会は、会員相互の親睦を兼ね、毎年5月に会長が召集し、会長を議長として次の事項を行う。
  1. 事業報告
  2. 会計報告
  3. 付議事項の議決。
    ①臨時総会は、会長が必要と認めた場合、又は3分の1以上の役員が、議案を示して請求した場合に会長が召集する。
第12条 委員会の構成員は、会長、副会長、委員とし、会長が議長を務める。
①委員会は、次の事項を行う。
  1. 第3条に掲げる事業執行に関する事項の決定。
  2. 総会に付議する議案の決定。
  3. 予算の編成及び決算の作成。
  4. 第21条規定の各部の所管事項の報告。
②委員会は、原則として月1回とし、会長が召集する。
③委員会は委員の2分の1以上の出席がなければ議決できない。
第13条 幹事会の構成員は、会長、副会長、委員、幹事及び学内幹事とし、会長が議長を務める。
①幹事会では次の事項を行う。
  1. 委員会で議決された事項の承認。
  2. 本会の事業についての意見交換。
②幹事会は、年3回以上とし、会長が必要と認めた場合、又は幹事の総数の3分の1以上の請求があった場合に、会長が召集する。
第14条 会議の議事は、本会則に別段の定めがある場合を除き、過半数で決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。
①会員は、議決権の行使を、他の出席会員に、書面を以て委任することができる。
第15条 議長は、会議の開催場所及び日時、並びに議決事項及びその他の事項につき、議事録を作成する。
①議事録は、議長及び副会長、並びに出席委員及び出席幹事の各代表2名が署名押印し、本会事務所に備えて置く。
第6章  経 理
第16条 本会は、会費及び寄付金・その他雑収入によって運営される。
第17条 本会会費は、次の月額会費・入会金及び維持会費とする。
  1. 準会員(学生、生徒)は月額500円とし、中学校、高等学校・短期大学(同専攻科含む)・大学(2年分)在学中に納入する。
  2. 正会員は最終卒業(修了)時、あるいは入会時に入会金10,000円を納入する。
  3. 正会員が入会後20年経過後、維持会費年間2,000円を納入する。
  4. 維持会費については幹事会の承認により変更することができる。
    ①一旦納入した会費は、いかなる理由が生じても返還しない。
第18条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。
第19条 本会の資産は、次の基本財産と運用財産に分けて管理する。
  1. 基本財産は次に掲げるものとし、確実な有価証券又は定期預金等にして保管する。
    ア.財産目録に基本財産と記載された財産。
    イ.基本財産とすることを指定して寄附された財産。
    ウ.委員会の議決により基本財産に繰り入れた財産。
  2. 前項以外の資産は運用財産とし、本会の事業遂行に必要な経費の支弁に当てる。
第20条 基本財産を処分する場合は、総会において、出席会員の3分の2以上の議決を得なければならない。
第7章  組 織
第21条 委員会に総務部、経理部、事業部、及び広報部を置き、各部の所管事項は次のとおりとする。
  1. 総務部  会議の記録及びその他の会務の処理。
  2. 経理部  本会会計の予算、決算及び経理等に関する事項。
  3. 事業部  本会の事業に関する企画及び運営。
  4. 広報部  会報「友松」の編集及び会員名簿の作成に関する事項。
第8章  支 部
第22条 本会は、総会の承認を得て地方に支部を置くことができる。
第9章  会則の変更
第23条 会則を変更する場合は、総会において、出席会員の3分の2以上の議決を得なければならない。
附 則
第24条 本会則は、平成15年5月24日より実施し、施行についての細則は、委員会において定める。その場合、委員の3分の2以上の賛同を得るものとする。